リヴトラストです。
不動産投資とは資金を不動産事業に投じて、そこから利益を得ようとするものです。利益の種類は大別して2種類あり、マンションやアパート、駐車場などの経営から賃料を得るインカムゲイン、そして不動産を購入価格よりも高い値で売却して差額の利益を得るキャピタルゲインです。不動産投資は基本的にこのインカムゲイン、もしくはキャピタルゲインを得ることを目的としています。

不動産投資は株式投資のようなハイリスクハイリターンではなく、かといって預貯金のようなローリスクローリターンの投資ではありません。それらのちょうど中間にあたる存在ですので、初心者にとっては本格的な投資への入り口として適しています。近年はサラリーマンの副業としても人気です。

初心者が始めて不動産投資を始める場合は、インカムゲインを狙う方法が主流となっています。キャピタルゲインを狙った投資は一種のギャンブル的な要素があるので、インカムゲインでコツコツと利益を増やしていく方がリスクが少ないためです。マンションなどに投資して、賃料収入を得るのが一般的な不動産投資の始め方となっています。

初心者マークと利益

インカムゲインでは賃貸収益によって利益を得るため、入居者がいることが重要になります。

実際にマンション経営に乗り出す際には、まず投資に回せる資金の総額をしっかり把握しておくことが必要です。資金は銀行から融資してもらうこともできますが、初期投資にお金をかけすぎると回収に時間がかかります。賃貸経営には空室リスクもあるので、初期投資の見極めも大切です。
資金の目安を想定したら、今度は購入する物件のタイプを決定します。マンションにするかアパートにするか、新築か中古か、1棟丸ごと購入するか区分所有にするのかなど、用意できる資金に応じて決める必要があります。
物件のタイプが決まったら次は情報収集です。インターネットを活用するのはもちろん、自らの足で不動産業者を回り、投資物件の情報を集めましょう。投資のノウハウを持つ不動産会社の協力を仰ぐのも有効な方法です。
リヴトラストでは、不動産投資セミナーを開催しておりますので、気軽に情報を集められます。