リヴトラスト 求人・採用サイトです。
不動産投資というのはもちろん投資の一つではありますが、株式や債権、外貨などに投資するのとは少し異なる側面もあります。
どういうことかというと、株式などの場合は、もちろん価格変動はありますし、また売買には手数料がかかるものの、その手数料を考えに入れなければ、ある時点の買値と売値は同じです。言い換えれば、手数料のことを無視した場合、買ってすぐに売れば損も得もしません。

ところが不動産の場合は状況が異なります。一般的に、買値と売値の間には差があります。買ってすぐに売ると普通は大きく損をします。これが株式などとは異なる点の一つです。

もう一つ異なる点があります。株式などの場合、先にも述べたように価格変動があります。1ヵ月後、1年後に株価が上がっているか下がっているか、それ予想することは難しい領域です。不動産の場合でも、土地の値段に関しては同じことが言えます。1年後にその土地の値段が上がっているのか下がっているのかは想像が難しいです。
ところが、土地の上に建っている建物については少々状況が異なります。建物に関しては、一般論として、年月の経過により価格が上昇するということは起こりません。いわゆる経年劣化であり、建物は、建てられた後は年月が経過するにつれてその価値は下落するほうが一般的です。

セミナー風景

株式投資や不動産投資にはそれぞれ特長があります。

このように、他の投資とは似て異なる面が不動産投資にはあります。ですから、他の投資をした経験のある人でも、不動産投資が初めてという人は例えばセミナーを受けるなどして勉強してから始めたほうがよいでしょう。
リヴトラストでは初心者向けのセミナーや不動産投資の見直し方法などの情報をお伝えするセミナーなど、様々なテーマで不動産投資セミナーを行っております。情報収集に、ぜひご利用ください。