リヴトラストは総合不動産投資会社です。不動産を購入する際、多くの人が利用するローンについてのお話です。
不動産投資ローンは、クレジットカードや通常の借り入れの審査とは大きく基準が異なっています。通常の借り入れでは、本人の給料から借金を返済していきますので、本人が働いていて収入を得ているということが重要になります。住宅ローンでは、住宅に抵当権を設定するという部分で不動産投資ローンと共通していますが、やはり本人の給料から返済をするという意味では、通常の借り入れと似たところがあります。

不動産投資ローンの場合、マンション経営・アパート経営などから得られた家賃収入から借金を返済していきます。そのため、審査で重要になるのは、物件の価値です。銀行が独自の基準によって、その物件からローンを返済していけるだけの家賃収入が得られるかどうかを審査します。

建物には経年劣化の問題があることも忘れてはいけません。現在は家賃が相場より高めでも入居者希望者が出るのだとしても、築年数が10年を超えたら家賃がそのままでは空き室がたくさん出てしまうかもしれません。家賃を下げると、家賃収入は減るので、ローンの返済のことを考えて、余裕をもった返済プランを立てることが重要になります。

住宅ローン

返済の計画をきちんと練ると後が楽になります。

本人の給与収入などが全く影響しないかというと、そうでもありません。本人の信用も重要であり、給与収入に余裕があり、いざとなったら本人の給料から借金を返済できるのであれば、借りられる金額が上乗せできる可能性もあります。そのため、派遣社員や契約社員よりも安定して収入が得られる正社員のほうが有利になるでしょう。また、不動産投資には一定の知識やスキルが要求されますので、投資経験なども審査に影響することもあるようです。