リヴトラスト採用情報サイトのブログでは就職マナーに関する情報をご紹介しています。
企業が出す求人の文言は、固い内容やフレンドリーなものなど様々です。
しかし、求人の記述を額面通りに受け止めるのは、社会人の考え方として良いものではありません。就職活動に関しては暗黙のルールがあるため、最低限のマナーを守ったうえで行動する必要があります。

例えば、文言に面接時の服装は自由と記述されていることは珍しくありません。特にアルバイトやパートの求人に多く見られますが、近年は正社員の募集でもたまに見ることができます。
実際にラフな服装で問題ない場合もありますが、企業によっては堅苦しさを前面に出したくない時に敢えて使用していることもあります。
また、どのような服装で来るかなど、応募者の社会人としてのマナーを試している企業もあるため、正社員やパートなど雇用形態に限らず、面接の際にはスーツなど正装で臨むのが無難です。

スーツ

何を着たらいいのか戸惑ってしまう「服装自由」。企業側の糸を読み取ることが大切です。

求人の文言からは、雇う側がどのような人物を望んでいるかも推測することができます。特に転職者にとってはマッチングが重要となるため、文言から企業の狙いを理解する必要があります。
例えば、若い人が活躍中などのフレーズがある場合は、主に20代の雇用を考えていることが推測できます。
女性が活躍中という文言が含まれるケースでは、法令により女性のみ募集とは記述できないものの、女性を雇用したいという意思を見て取ることができます。
また、主婦が活躍中とあれば、配偶者や世帯主の稼ぎが十分にあり、一ヶ月の賃金がさほど多くならなくても問題ない人が求められます。
このように求人内容の文言から雇用側がどのような人材を臨んでいるかを読み解くこともできます。