リヴトラストです。不動産賃貸は、定期的に収入があります。同時に出ていくお金もありますので、簡単にご紹介します。
分かりやすい例は賃料とローンですね。賃料は収入に当たります。ローンは不動産のローンですから、支出に当たります。

まずは収入です。
継続的に入ってくるお金には、賃料と管理費があります。実際にそこへ住む人から受け取る家賃です。ここで気をつけたいのが、その建物全ての部屋を満室にできない可能性があるということです。常に満室となればこれほど嬉しいことはありませんが、難しいのも現実です。
賃料が月にいくら入ってくるのかを考える場合には、幾分か少なく見積もった方が誤差が少なくなるでしょう。
管理費は共益費とも言われます。共同で使うエレベーターや廊下の掃除などに使われるお金です。
賃料に含む場合もあり、地域によって差もありますので確認しましょう。

一時的な収入としては、礼金や更新料があります。
礼金は新規契約時にもらえるお金です。似たようなお金に敷金がありますが、敷金は入居者が部屋を退去する際に部屋の修繕費などとして使われるお金であり、基本的には入居者に返すお金ですので、収入には入りません。一方、礼金は謝礼金として受け取れるお金ですので収入に入れることが出来るでしょう。

ここまでは一人暮らしなどで部屋を借りることのある方であればわかりやすいかもしれません。
逆に支出の場合にも継続的に出ていくお金と一時的に出ていくお金があります。

継続的に支払わなければならないお金は、管理委託費や固定資産税などの税金、不動産購入時のローンなどがあります。分譲マンションの場合には管理費や修繕積立金などもかかってきます。
管理委託費とは不動産会社に賃貸の管理を委託する際に支払うお金です。
委託された不動産会社は賃料の回収や入居者の苦情対応、建物の清掃・メンテナンスなどをオーナーに代わって請け負います。
もちろん、不動産の大きさやサポートをどこまでやるのかによってかかってくる金額が異なりますので確認が必要です。

管理委託費のほかにも、建物の所有者が支払わなければならない固定資産税や都市計画税などの税金類が必ずかかってきます。
不動産購入時にローンを利用したならば、完済するまでローンの支払いも続きます。

一時的に支払わなければならないお金もあります。
室内の設備が故障した時の修繕費用や入居者が退去するときのクリーニング代、さらに入居者を募集する際に不動産会社に依頼しているときには、賃貸契約時に仲介手数料を支払わなければなりません。その他損害保険料などの負担もかかってくる可能性があります。

ビルと木漏れ日

収入もあれば支出もある。賢いマンション経営を!

リヴトラスト含めリヴグループではこうした賃貸の管理やサポートも行っております。
リヴグループでは、マンションをご購入いただいた後は、グループ全体で責任をもってその運用から管理まですべてを万全のサポート体制で対応させていただきます。