リヴトラストのブログです。不動産投資で最も有名なものが「マンション経営・アパート経営」です。
不動産投資といえばコレ、と思っている方も多いと思います。

マンション経営では建物の1室から購入でき、その部屋を貸し出すことで利益を得ることができます。
さらに、マンション経営ではほとんどの方が住宅ローンを利用していますので、アパート経営よりも必要な資金も少なく、その点ではより始めやすいといえます。このローンを利用することで少ない資金で大きな投資をすることをレバレッジといいます。
マンション経営のメリットには更に次のような点があげられます。

①安定した収入
今までにも何度かこのブログでもお伝えしている通り、マンションの一室を賃貸に出すことで安定した収入を得ることが出来ます。
老後の心配はありませんか?年金だけで足りますか?マンション経営の収入があると、年金に加え、このマンションからの収入を得ることが出来るので、より安定した生活を送る事ができます。

②生命保険の代わり
生命保険でも、加入者に万が一のことがあった場合、残された家族が安定して生活を送れるよう保険金を受け取ることができます。
それをマンション経営で賄うことができます。
マンションの購入に住宅ローンを利用すると、団体信用生命保険という保険に入ることになる場合が多いです。この保険では、所有者(マンション購入者)に万が一のことがありなくなってしまった場合に、残りのローンを全て返済してくれる保険です。
残された家族にはローンという負債もなく、マンションという資産と安定した収入を残すことができます。

③節税効果
マンション経営においては、オーナーとして確定申告を行う必要があります。
その際には、住宅ローン金利、管理費、固定資産税、都市計画税、建物や設備の減価償却費などが
必要経費として計上できるため、その必要経費が家賃収入を上回る事で、帳簿上の赤字として給与所得など、
他の取得と合算され(損益)、税金の還付を受けることができます。

デメリットとしては、もし入居者がいなかった場合、収入が0になってしまうこと、マンションの1室を購入した場合投資をやめても土地が残らないことなどがあげられます。

朝焼けの街

マンション経営にアパート経営・・・いいところと悪い所を見定めて決めていきましょう。

一方、アパートの経営では、アパート1棟をすべて購入します。アパートの全ての部屋を賃貸に出せるので、マンションよりもより大きな投資を行うことができます。
アパート経営の特徴は、マンション1室を購入する時と違い、1棟を購入するので、もしも建物を撤去しても土地が残るところにあります。

マンション経営などでわからないことがあれば、リヴトラストにぜひご相談ください。
お客様ひとりひとりに合ったアドバイスやご提供をいたします。