リヴトラストです。お客様と直接会う際には必ず名刺交換を行います。
名刺交換は会社の第一印象となる部分。しっかりと手順を踏んで、スムーズに行うことで誠実さもアピールできます。

①差し出し方
最初に差し出すのは目下の人からです。相手の正面に立って一度目を合わせ、両手で名刺を差し出します。相手が読めるように、文字は相手の方へ向けましょう。そして、自分の会社名と部署名、名前を名乗ります。

②受け取り方
相手の目を見て両手で受け取り、「頂戴いたします」と一言付け加えましょう。その後、名刺の名前を確認します。相手の名乗りで名前が聞き取れなかった場合には、ここで再度確認しておきましょう。

差し出し方、受け取り方が分かったところで、交換の順番にも焦点を当ててみましょう。
名刺交換には、差し出し・受け取りを別々に行う場合と同時に行う場合があります。
別々に行う場合には、上記の差し出し方・受け取り方を丁寧に行うことで問題ありません。
同時に名刺を交換する場合には、右手に自分の名刺を持ち、相手の名刺は左手で受け取りましょう。この時、差し出した自分の名刺は相手の名刺入れの上に、受け取る名刺は自分の名刺入れの上にのせます。左手で受け取った後、両手で持ちます。

もしも相手に先に名刺を出されてしまった場合には、無理に名乗らず一旦名刺を頂き、「申し遅れました」と一言添えて名乗ります。

また、複数人で名刺交換を行う場合、自社の上司と相手の上司から名刺交換をスタートします。

名刺交換

名刺は会社の、その社員の「顔」です。

名刺交換は所作が多く慣れないと戸惑うものです。ぜひ何回もチャレンジしてスムーズに名刺交換を行えるようにしましょう!