リヴトラストです。
不動産広告の記載内容にも基準があることをご存知ですか?
不動産の住所や価格、駅からの距離、敷地面積、間取り、不動産会社名と免許番号など、細かく定められています。

1.新築・中古の表示
建築後1年未満で今まで誰も住んでいない状態の不動産を「新築」、それ以外を「中古」と表記分けをします。

2.写真
実際に販売するものの写真を掲載します。

3.価格
不動産の価格を明記します。

4.駅等からの距離
徒歩の場合は80mを1分と計算して、駅等からの距離を明記します。この計算には信号や歩道橋・坂道などによる障害の時間は含まれていません。さらに駅の改札の距離から不動産の距離ではなく、駅の出入り口からの距離になるため、ホームまでの実際の距離はもう少し長くなります。

5.敷地面積・建物面積
㎡単位での表記となります。建物面積の場合には延べ床面積を明記します。地下室や車庫がある場合には、それがあることを明記の上で面積の掲載をします。マンションのバルコニーなどは、面積には入りません。
表示される面積は、壁の中心(芯の部分)から測定した面積(壁芯面積)が使われます。
しかし、登記上は壁の内側から測定した面積(内法面積)が使用されます。

6.間取り
1R、2LDKなどの表記が使われます。1や2などの数字は居室の数、Lがリビング、Dがダイニング、Kがキッチンです。
1Rはキッチンとの区切りがない1つの居室のことです。
建築基準法で採光などの条件に満たない部屋は居室と認められず、N(納戸)やS(サービスルーム)と表記されます。

7.住所
不動産のある住所を掲載します。

8.不動産会社の立場
広告を掲載する不動産会社が売主にあたるのか、代理か仲介かを必ず明記しなくてはなりません。
これにより仲介手数料が必要になるかが決まります。

9.不動産会社の免許番号
不動産会社の名前と免許番号の明記が必要です。( )内の数字が多い程営業年数が長いことを示しています。

書類

不動産広告は情報が多いですね。