アスファルトルーフィングとは、建築時に用いられる防水材料です。
板紙にアスファルト浸透させることによって、高い強度、防水性、耐久性を可能としています。利用される場所は、家の屋根やビルの屋上、壁などです。そこにアスファルトルーフィングを敷き、雨水の侵入を阻止することができます。
日本では大正時代に民間で利用されはじめ、1923の関東大震災をきっかけに、普及するようになりました。
台湾蘭嶼ではアスファルトルーフィング自体を、屋根として使うなど、変わった利用方法もあります。

関連する不動産用語

キーワードは見つかりませんでした。


←リヴトラスト不動産用語集 目次に戻る

リヴトラストの分譲マンション

リヴシティ大島イースト
リヴシティ大島イースト

高いクオリティが輝きを放つ、贅が息づく住空間。
バス・トイレと洗面化粧台をひとつの空間の中に配置。都市型マンションならではの合理性や利便性を追求しながらも、 ワイドカウンター付きの本格的な洗面化粧台を採用するなど、優雅な雰囲気と高いクオリティが確かな贅を演出する「リヴシティ大島イースト」。
都市に暮らす方々のニーズをさまざまな角度から満たす設備・仕様が、快適な暮らしを創造します。


プラチナコート上野
プラチナコート上野

日々に息づく歴史と伝統。よき東京を満喫する。
徳川幕府に縁の深い寛永寺の境内であった上野恩賜公園を中心にして、東京の北の玄関口として発展してきた「上野」。江戸の文化を伝える歴史的情緒、明治のインテリズムや大正ロマンを感じさせる名所・旧跡、昭和の時代に育まれたアカデミックな薫り、そして新幹線停車駅として整備された現代的感覚が融合。ここには時を越えた都市の魅力が集約されています。


ヴェルト西大島グラーセ
ヴェルト西大島グラーセ

心癒される潤いある風景、そしてぬくもりのシーンに出会える街。
かつて水路が縦横に走り、その跡が公園や緑地として整備されている西大島付近。「ヴェルト西大島グラ-セ」の近くにも小名木川が流れ、川沿い を歩けば横十間川親水公園へと至ります。また活気が溢れる温もりが息づく商店街も点在。
人々が暮らし慣れた街ならではの温もりあるふれあいが、 心を癒してくれます。明治通りから丸八通りまで約700mにわたり続く大規模な商店街です。


その他過去の販売実績はリヴグループ販売物件ページよりご確認ください。