アーリーアメリカンスタイルとはインテリアの中のスタイルの1つです。アメリカが17世紀から19世紀後半にかけてイギリスの植民地であった西部開拓時代に東海岸の広大なスケールを思わせるような様式のことを指します。素朴さと懐かしさ、土っぽくて良きカントリー調のデザインを取り入れられたものです。緑の自然を背景に素朴な木材の素地やパッチワーク、ロッキングチェア、カップボードなどを配したもので別名コロニアル様式と呼ばれることもあります。

関連する不動産用語

キーワードは見つかりませんでした。


←リヴトラスト不動産用語集 目次に戻る

リヴトラストの分譲マンション

リヴシティ日本橋ネクステシア
リヴシティ日本橋ネクステシア

街に寄り添うようにさりげなく気品を薫らせるエントランス。
江戸時代の伝統が息づく街にふさわしい演出となるように、ピロティからエントランスホール・風除室にかけては、床を石貼りとし上質感と落ち着きを同時に追求。外壁タイルとのコントラストが、侘びのあるテイストと現代感覚の絶妙な調和を実現しています。
また、壁面素材の質感や色調、ライティングにもきめ細やかに配慮し、外部から内部へと統一感のある意匠を施すことで、住む人や訪れる人をやさしくエスコートするような空間を創出。パブリックからプライベートへと、心のモードが緩やかに切り替わってゆくひとときが、“個の領域”の心地よさを自然に予感させてくれます。


リヴシティ横濱新川町
リヴシティ横濱新川町

異国文化が融合する港町ならではの街並。洗練された雰囲気が町全体を包む、まさに日本の中の外国「元町・山手」エリア。
開港当時、「横浜」には外国の文化が怒涛のように流れ込んできました。
高台に位置する山手は、外国人居留置となり、今でもいくつかの西洋館が残されています。
ここに住む外国人のための商店が並んだのが元町。洗練された雰囲気が漂い、“元町ブランド”が生まれたのもそうした理由があったから。
ショッピング街としての魅力は、今なお高まり続けています。


リヴシティ御茶ノ水
リヴシティ御茶ノ水

都心ライフをより上質に深化させる住まい。
江戸城の城下町として武家屋敷が建ち並び、格式ある街並が広がっていた猿楽町界隈。
いまでも落ち着きある空気が漂い、現代的な気品と静謐が息づいています。
都心ライフをさりげなく誇ることができるこの地に「リヴシティ御茶ノ水」は誕生します。


その他過去の販売実績はリヴグループ販売物件ページよりご確認ください。