ゼロエネルギーハウスというのは、太陽光発電などを活用しながら年間の一次エネルギー消費量をゼロにすることができる住宅を指します。
ゼロエネルギーハウスの場合、太陽光発電などの創エネ設備によって消費エネルギーを賄うだけでなく、断熱性や気密性に優れた建物によって省エネ化も図られています。
なお、ゼロエネルギーハウスはZEHの略称でも呼ばれ、省エネ化の推進において重要な位置づけとなっており、建築費に対する補助制度も存在します。

関連する不動産用語

キーワードは見つかりませんでした。


←リヴトラスト不動産用語集 目次に戻る

リヴトラストの分譲マンション

リヴシティ両国四番館
リヴシティ両国四番館

ビジネスも、レジャーも、自由自在。都内全域をフィールドに活躍できます。
「リヴシティ両国四番館」に暮らす大きなメリットのひとつ。それは通勤の快適さ。都心エリアは、まさにお隣。毎日の通勤において、職住近接ならではの、ゆとりを満喫していただけます。また、新都心「新宿」へもJR総武線でダイレクトアクセスが可能。都内の主要エリアを結ぶ環状鉄道の都営大江戸線も利用しやすく、どこへ行くにもたいへん便利です。さらにアフター5もゆっくりと楽しめるだけでなく、休日のレジャーも軽快。羽田・成田の国際空港へのアクセスもスムーズです。



リヴシティ西川口弐番館
リヴシティ西川口弐番館

進化する街並を予感させる尖鋭的な現代建築。
東京都に隣接し、新しい街づくりが継続的に進められている、未来への期待と活力にあふれた川口市。
「川口」とともに、その中核をなす「西川口」の中心に近い街並にふさわしい、地上10階建てのシャープな外観で誕生する「リヴシティ西川口弐番館」。
先進的な魅力を凝縮したソリッドな表情が、進化を遂げようとする街並と呼応し、確かな存在感を演出。
思わず注がれる道行く人の視線が、建築物としての魅力を証明し、住む人の心を満たします。


リヴシティ横濱末吉町
リヴシティ横濱末吉町

まさに「大都市の中の暮らしの場」といえる絶妙な立地に誕生。
嘉永6年(1853年)、ペリー提督の黒船来航以来、「横浜」は外国との交流地として発展を遂げてきました。
そして現在、開港当時からの歴史が息づく「関内」「石川町」両駅と、巨大なターミナルとなった「横浜」駅周辺、そして新しく開発されたみなとみら
いエリアが、魅力の街として注目されるに至りました。それぞれに独自の発展を遂げた3つの街が一体化した巨大都市、それが「横浜」市街といえるでしょう。



リヴシティ練馬高野台
リヴシティ練馬高野台

住まう人の感性に応える、都会的センスが漂う洗練のフォルム。
縦のラインを強調するブラックタイルと、バルコニー手摺のホワイトタイル。
ツートーンのデザインにより、都会的でスタイリッシュな表情を演出した「リヴシティ練馬高野台」。
街並にひときわ映えながら確かな存在感を主張する、地上6階建ての洗練された若々しいフォルムが、住む人の心を満たします。



リヴシティ清澄白河
リヴシティ清澄白河

由緒ある清澄庭園近接の 立地にふさわしい若々しさと 上質さを兼ね備えた エレガントな外観。
都立清澄公園と都立清澄庭園、2つの緑の園に近接した恵まれた立地に、地上9階建ての美麗なるフォルムで佇む「リヴシティ清澄白河」。
かつて粋な江戸文化を発信してきたこの地の気風に、違和感なく溶け込むように、品格と落ち着きを醸し出す外観テイストでデザインを統一。
都会的なスタイリッシュさと奥の深いやさしさを携えたフォルムが街並に新しい表情を演出します。


その他過去の販売実績はリヴグループ販売物件ページよりご確認ください。