窓の形態の1つにボウウインドウがあります。ボウウインドウは出窓の形態となりますが、一般的な出窓とは異なり、その多くは外壁より弓状に外部にせり出した形状が特徴になっています。部屋の用途によっては腰壁のあるものや、床から立ちあがっているものもあり、オーダーメイドで製作が行われた場合などでは床面から天井面までの、非常に開放感の溢れた空間を作ることができるようになっています。そして、窓自体の形に関しても、様々なタイプを組み合わせることができるようになっています。

関連する不動産用語

キーワードは見つかりませんでした。


←リヴトラスト不動産用語集 目次に戻る

リヴトラストの分譲マンション

リヴシティ代田橋
リヴシティ代田橋

個性を際立たせるマテリアルデザイン。
通りを歩く人から共感を得られるように、また、街のイメージアップにも貢献できるように。エントランスまわりにはこだわりが息づく上質感のあるマテリアルを採用。また全体を包み込む外壁には、オーソドックスな色調のタイルを採用。
アクセントとして2階住戸のバルコニー手摺や上階住戸の一部などに明るい色調のタイルを配しました。さらに3階から6階はルーバー手摺とすることで、シャープな表情を演出しています。


リヴシティ錦糸町弐番館
リヴシティ錦糸町弐番館

風が届けてくれる彩り豊かな都市生活。
都内で希少といえる緑地帯「大横川親水公園」を間近にした好立地。
そこにはいくつかの風が吹いています。緑や水面を渡ってくる爽やかな風、再開発エリアから届けられる洗練の風、そして都心方面からの先進の風。
それらの心地よい風を受けとめる地上7階建て、全戸南向きの生活舞台「リヴシティ錦糸町弐番館」。
副都心の一角で、都市の躍動と利便性、潤いと情緒を満喫しながら心豊かに暮らす。
そうした彩りあふれる贅沢な価値を、都市を愛する人たちにお届けする住まいです。


リヴシティ横濱末吉町
リヴシティ横濱末吉町

まさに「大都市の中の暮らしの場」といえる絶妙な立地に誕生。
嘉永6年(1853年)、ペリー提督の黒船来航以来、「横浜」は外国との交流地として発展を遂げてきました。
そして現在、開港当時からの歴史が息づく「関内」「石川町」両駅と、巨大なターミナルとなった「横浜」駅周辺、そして新しく開発されたみなとみら
いエリアが、魅力の街として注目されるに至りました。それぞれに独自の発展を遂げた3つの街が一体化した巨大都市、それが「横浜」市街といえるで
しょう。


その他過去の販売実績はリヴグループ販売物件ページよりご確認ください。