ライフサイクルコストとは、ある特定のものが、できてから無くなるまでの期間にかかるコストのことです。
不動産物件のライフサイクルコストは、その物件を建設して入居してからも、その物件に住み続けている期間に発生するコストになります。
また、その不動産物件が取り壊されるときのコストも含まれることになります。
ライフサイクルコストには、光熱費などといった、その不動産物件について全部のコストを加えて計算することになります。

関連する不動産用語

キーワードは見つかりませんでした。


←リヴトラスト不動産用語集 目次に戻る

リヴトラストの分譲マンション

リヴシティ西川口弐番館
リヴシティ西川口弐番館

静謐な時空間を創造するエントランス・プランニング。
住む人の外出と帰宅をやさしく見守り、訪れるお客様を丁寧にお迎えする。そうした役割を追求した「リヴシティ西川口弐番館」のエントランス。
都会的な表情を醸し出すガラスのエントランスドアを開けると、そこに続くのは奥行きあるエントランスホール。
建物内部へと歩みを進めるひととき、それは駅前の賑いから隔絶された、自分だけの時空間へのプロローグ。静けさと落着きに包まれて、心のモードはオンからオフへと徐々に切りかわってゆくことでしょう。


リヴシティ横濱インサイト
リヴシティ横濱インサイト

格調を演出する奥行きあるエントランス。
公道からやや奥まった場所にエントランスドアを配置。静けさが漂う奥行きある風除室やエントランスホールが、住む人や訪れた人を丁寧に建物内へとエスコートします。


リヴシティ錦糸町弐番館
リヴシティ錦糸町弐番館

JR線と地下鉄をフル活用。都内全域を手中にして暮らす。
東京東部の交通の要衝であり、JR線2路線と地下鉄1路線が交差する「錦糸町」。JR総武線快速で「東京」へ直通8分。
JR総武線で「新宿」へ、東京メトロ半蔵門線で「押上」「大手町」「表参道」「渋谷」へも直通アクセスが可能。
また、途中で接続するさまざまな路線に乗り換えて、その他の都内主要駅までスピーディにアクセスできます。
まさに、東京全域を舞台にして自由自在に活動できる軽快なフットワークを実現します。


その他過去の販売実績はリヴグループ販売物件ページよりご確認ください。