ライフラインは、英語本来の意味では命綱や救命胴衣の紐の部分など、命を守るための細い紐のようなものを指します。
しかし、日本で使っている外来語としてのライフラインは、英語で指しているそのままの意味ではなく、生きるための命綱が転じて、普段の日常生活を維持するための、水道、ガス、電気と共に、情報の伝達に必要な通信網各種、また交通網、物流手段、病院機能の維持、救援救助など、災害発生時に必要なものまでを指しています。

関連する不動産用語

キーワードは見つかりませんでした。


←リヴトラスト不動産用語集 目次に戻る

リヴトラストの分譲マンション

バージュアル西日暮里
バージュアル西日暮里

高級感あふれるファサードに先進の設備。安心感と機能性が安らぎある「住まい」の証。
3色のアースカラーに彩られたシックなデザインを施した「バージュアル西日暮里」。
11階建ての瀟洒な建物に招じ入れる大理石調の高級感にあふれたエントランス。
木目も美しいフローリングを施した戸内には、いつでもおいしい水が飲める「セコムマグネセラ活水器」をはじめ、建物の堅牢性やセキュリティなど、暮らしに配慮した先進の設備を施し、住まうことの満足感を提供しています。


リヴシティ横浜東ベイサイド
リヴシティ横浜東ベイサイド

セキュリティに配慮するために1階には住戸を設けず、駐車場とエントランスのみにするなど、独自の設計を採用。
道路から直接出入りする建物内の駐車場が大切なお車を守ります。
さらにエントランスは、シャープでドライな都会的演出を施しました。


リヴシティ上野入谷
リヴシティ上野入谷

いつの時代も庶民に愛される文化が花開くエリア。
明治・大正・昭和にわたり庶民に文化と娯楽を提供し、観光地としても世界中の人たちから愛される「上野」「浅草」。その「東京」を代表する街を両手にしていることも入谷の魅力。そして、このエリアのすぐ東側の「押上」において、近未来文化の象徴と言える東京スカイツリーの建設が進められているのも、そうした歴史の流れからみれば、まさに自然なことといえるでしょう。


その他過去の販売実績はリヴグループ販売物件ページよりご確認ください。