三和土(たたき)とは赤土・砂利などを主体としてにがりや消石灰などを混ぜ合わせた物を練り、塗ってたたき固めた素材です。名称の由来は三種類の土を用いる事から来ていますが元々は「敲き土(たたきつち)」の略で、安山岩や花崗岩などが風化する事によって出来た土の事です。水と石灰を練った物に加えて硬質化させて使われ、セメントがなかった時代に地面を固める役割として土間などによく使用されていました。今でもコンクリートやタイル張りの土間を三和土と呼びます。

関連する不動産用語

キーワードは見つかりませんでした。


←リヴトラスト不動産用語集 目次に戻る

リヴトラストの分譲マンション

リヴシティ日本橋ネクステシア
リヴシティ日本橋ネクステシア

尖鋭的で奇抜なデザインを避け、さりげなくセンスを漂わせることで、江戸の情緒と粋を表現。
落ち着いた色合いで全体を統一し、そこに日本の伝統色をアクセントとして加えました。
その一方、新しい開発が次々と進むエリアであることを意識し、都会的で先進的なイメージも重視。
マテリアル感が冴えるガラスとアルミニウムの素材をバルコニー手摺に用い、都会的な雰囲気を演出しています。


リヴシティ一番町
リヴシティ一番町

上質な暮らしを予感させるエントランス。
磁器質の高級感あるタイルをエントランスドア周囲に配し、住まいの顔としてふさわしい格調を息づかせたエントランス。
周囲のタイルとのコントラストを意識しながらも、違和感なく壁面デザインに溶け込む、落ち着いたテイストのドアが、住む人や訪れる方々を、やさしくていねいにお迎えいたします。


リヴシティ中野
リヴシティ中野

利便性と文化や潤いが調和する恵まれた環境。
なかのZERO、中央図書館、紅葉山公園、島忠ホームセンター、マルマンストアなどが徒歩5分圏内。文化的で、潤いや利便性に恵まれた好立地です。さらに大久保通り沿いには、保健所や郵便局、総合病院なども並び、さまざまな大型商業施設や平和の森などの広々した公園も生活圏内に点在しています。


その他過去の販売実績はリヴグループ販売物件ページよりご確認ください。