下がり天井とは、建物の構造上、天井が低くなっているものを指します。
これは梁やガス・給排水管や排気ダクトなどのパイプスペースがあることによるもので、間取り図では点線で示されています。
また一戸建住宅ではこれに加えて屋根の形状などによる場合もあります。
この下がり天井の場所や高さによっては家具の置き方などが制限されてしまう場合があったり、圧迫感があったりします。
特に実際の入居まで現地確認ができず間取り図のみで決定する場合には、位置、高さ、幅をしっかり確認することが必要です。

関連する不動産用語

キーワードは見つかりませんでした。


←リヴトラスト不動産用語集 目次に戻る

リヴトラストの分譲マンション

リヴシティ両国四番館
リヴシティ両国四番館

江戸文化に育まれた街に、先進の快適さが息づく住まいを創造。
進化を続ける都心エリアに近接しながらも、江戸時代からの伝統を大切に守り継ぐ「両国」。
新旧の価値観を融合し未来へと昇華させてゆくことが、この街の使命といえるでしょう。
そうしたことを念頭において、この街にふさわしい生活舞台の創造をめざした「リヴシティ両国四番館」。
先進性・利便性という都市生活の魅力はもちろん、「東京」に暮らす味わいを実感できる住まいです。



リヴシティ西川口弐番館
リヴシティ西川口弐番館

進化する街並を予感させる尖鋭的な現代建築。
東京都に隣接し、新しい街づくりが継続的に進められている、未来への期待と活力にあふれた川口市。
「川口」とともに、その中核をなす「西川口」の中心に近い街並にふさわしい、地上10建てのシャープな外観で誕生する「リヴシティ西川口弐番館」。
先進的な魅力を凝縮したソリッドな表情が、進化を遂げようとする街並と呼応し、確かな存在感を演出。
思わず注がれる道行く人の視線が、建築物としての魅力を証明し、住む人の心を満たします。


リヴシティ両国参番館
リヴシティ両国参番館

歴史ある街の中で、未来が息づく住まいを追求。
都心に極めて近接した場所でありながらも、江戸文化が集約された街といえる「両国」。
この街の使命は、伝統や歴史のエッセンスを活用しながら、新しい価値や刺激を創造してゆくこと。
そう考える私たちは、「リヴシティ両国参番館」において、現代的な先進性と個性、趣きや落ち着きを重視しながら、
この街にふさわしい生活舞台の創造をめざしました。



リヴシティ川崎
リヴシティ川崎

ON&OFFがひとつに結びつくアメニティタウンに暮らす。
デパートもあれば、モールもある。テーマパークのような通り、活気づく庶民的なアーケード、広い地下街、そして首都圏屈指の音楽ホール。
再開発により、どこの街でも画一的な様相を見せる時代の中で、しっかりと独自のオモシロさ・楽しさを息づかせている。



外観
リヴシティ平和島

普遍性を大切にしたシンプルな外観。
先進の都市文化が花開いた湾岸、その一角にふさわしい住まいとなるように。
奇抜な装飾を避け、穏やかなアースカラーを基調として普遍性を追求。リズム感ある地上4階建てのフォルムデザイン。
ホワイト系のタイルとガラスでコーディネートした現代的なエントランス。
シンプルでありながらも洗練を際立たせるトータルコーディネートが、住む人の感性をさりげなく物語ります。


その他過去の販売実績はリヴグループ販売物件ページよりご確認ください。