中廊下式マンションとは、マンションで最もよくみられる間取りが採用されている建物のことを言います。マンションは数件が隣り合わせるという独特の構造から、共有廊下を軸に各部屋が並べられており、この構造によって作り出される間取りには限りがあります。一般的に玄関から先は長い廊下が設けられており、その左右に個室や浴室などが配置され、廊下の奥にリビングやキッチンがあるような間取りです。リビングに一番日が当たるように設計されています。

関連する不動産用語

キーワードは見つかりませんでした。


←リヴトラスト不動産用語集 目次に戻る

リヴトラストの分譲マンション

ヴェルト西大島グラーセ
ヴェルト西大島グラーセ

最先端の風を感じて暮らす。
大都市の躍動と明日への深い安らぎを身に纏う、価値ある都市生活拠点。
都心、新都心と東京イーストを結ぶ動線上に位置し、 お台場や湾岸リゾートなども行動範囲に収める「ヴェルト西大島グラ-セ」。 都市を120%享受できる場所にありながら、 激しいエネルギーが渦巻く核心からは絶妙に距離をおく、 オン・オフどちらのモードにも対応可能なマンションです。 東京全域をアクティブな活動のフィールドとしながらも、 日々の心の安らぎを大切にする方々にとって、 この上ない価値ある居住空間をご提供します。


ヴェルト新川崎

新スポット誕生を機に、さらなる発展を続けるエリア。
31階建てのツインタワーが聳える大規模複合商業施設「新川崎三井ビル」の誕生を皮切りに、約1,000住戸を備えた公園都市「サウザンドシティ」も完成。より便利で美しい、新時代の都市計画が進められています。


バージュアル浦和イースト
バージュアル浦和イースト

新都心と並ぶ埼玉のもうひとつの顔として、新しい風貌をこの街に。
伊勢丹、イトーヨーカド-、コルソなど、建ち並ぶデパートやショッピングセンター。県庁や区役所、図書館など、集中する公共施設・・・。県庁所在都市として、また首都東京都に近い県南エリアに主要として、重要な役割を持つだけでなく、賑わい、利便性、都市機能性などを享受できる街「浦和」。そうした都市としての機能を充実させるべく、現在、JR浦和駅周辺では、東口において再開発計画が進み、さらにJRの高架化工事(2012年完成予定)によって伊勢丹、コルソのある西口エリアとも一体化され、浦和都市生活の新しい時代へ向けての、さらなる発展が期待されています。


その他過去の販売実績はリヴグループ販売物件ページよりご確認ください。