余剰電力買取制度とは、住宅などに設置された太陽光発電システムのパネルで作り出した電力を、自分で使って余った分を電力会社に固定金額で買い取ってもらうことが出来るように、国が主導して作った電力の買取制度です。
太陽光発電システムのパネルは、一般の住宅の屋根などの上に設置出来るだけでなく、遊休地などにも積極的に設置して電力を作り出せる反面、買取価格の高額な設定に因って、システムを持たない人たちの負担が増えていることにもなっています。

関連する不動産用語

キーワードは見つかりませんでした。


←リヴトラスト不動産用語集 目次に戻る

リヴトラストの分譲マンション

リヴシティ早稲田
リヴシティ早稲田

好奇心を満たす個性ある街に囲まれた彩り豊かな地。
西に賑やかな学生街、東に庶民的な地蔵通り商店街、その先には粋筋の街「神楽坂」。
それぞれ特色のある“顔”を見せながら、確かな賑わいを息づかせる街が周囲に点在する早稲田鶴巻町。


リヴシティ関内
リヴシティ関内

商店街の個性ある発展が推進されています。
「関内」とその周辺にある中華街、馬車道、元町、伊勢佐木町、野毛など各地区の商店街では、地区計画や協議会などにより、きめ細やかな街づくりが地元の方々との共同で進められています。


リヴシティ森下パークサイド
リヴシティ森下パークサイド

「森下」は下町の交通の要。 3駅3路線が利用可能。
「リヴシティ森下パークサイド」は「森下」「菊川」「両国」の3駅3路線が利用可能。 特に「森下」は都内を東西に横断する都営新宿線と都心の周囲をぐるりと走る都営大江戸線が交差する下町の交通の要所。 この2つの路線を上手に活用することで、東京のあらゆる場所へスムーズに、そしてスピーディにアクセスすることができます。都心も、新都心も、まさに都内全域を手中にしたアクティブな毎日がスタートします。


その他過去の販売実績はリヴグループ販売物件ページよりご確認ください。