採光関係比率とは建築基準法で定められた、窓などの開口部の有効な採光面積を計算するときに使われる数値のことです。
採光関係比率は、窓などの開口部から隣の敷地の境界線までの距離に対して窓などの開口部の中心からその建物のてっぺんまで高さが占める割合のことになります。
また、窓などの開口部から隣の敷地の境界線までの距離は窓の上の方にひさしやバルコニーなど上の階が張り出しているときは、張り出している部分から隣の敷地の境界線までの距離で計算します。

関連する不動産用語

キーワードは見つかりませんでした。


←リヴトラスト不動産用語集 目次に戻る

リヴトラストの分譲マンション

リヴシティ神田
リヴシティ神田

スタイリッシュで、しかも気品が漂うタイル張りの外観
「東京」の中でも、特に江戸の町人や職人の気質を継承しているといえる「神田」に誕生する「リヴシティ神田」。江戸文化の主役といえる人たちが愛した“粋”なセンスを象徴できるように華美な装飾を避けながらも、さりげなく洗練が息づくデザインを施しました。上質感のあるタイル張りの壁面に、吹きつけタイルでリズミカルにアクセントを演出。さらに3層までの壁面とそれより上層の壁面の色調を変え、全体をツートーンで仕上げることにより、落ち着きを感じさせながらもスタイリッシュな外観を実現。またエントランスの周囲には400角のタイルを使用するなど格調ある雰囲気にしつらえました。さらにエントランス内部も奥行きを持たせることで気品と優雅さが漂う迎賓の空間としています。


リヴシティ横浜東ベイサイド
リヴシティ横浜東ベイサイド

異国情緒あふれる刺激的なスポット横浜中華街エリア。
横浜を語る上で欠かすことのできない超有名スポットといえる「横浜中華街」。
9つの牌楼で囲まれたエリアの中に、中華料理店が約200軒、食料雑貨店などその他のお店が約500軒も連なっています。
本場の味に舌鼓を打ち、中国本国から取り寄せた珍しいアイテムをショッピングする人で1年中活気を見せています。


リヴシティ関内
リヴシティ関内

横浜文化発祥地として発展を続ける都心「関内」。安政6年(1859年)の開港以来、つねに横浜の政治・経済の中心であり、行政機能をはじめ商業、文化、貿易、観光の拠点となってきた「関内」。街路樹の植えられた広い道と歴史的な建造物が美しい風景を見せる街です。


その他過去の販売実績はリヴグループ販売物件ページよりご確認ください。