散水栓とは、庭の植栽に水をくれたり、清掃、また、洗車などで使用する屋外に設けた水栓のことをいいます。
住宅などにおいては庭や出入り口付近に設けることが多く、種類としては地中に蓋のあるボックスに設けるものと、立ち上がりタイプの立水栓があります。
注意が必要となるのは寒冷地における立水栓で、この場合には必ず、凍結防止対策として水抜きの設置が必要となります。
寒冷地などで水を抜かない場合には立ち上がりが凍結をしてしまい、最悪の場合には破裂につながることがあり、注意が必要となります。

関連する不動産用語

キーワードは見つかりませんでした。


←リヴトラスト不動産用語集 目次に戻る

リヴトラストの分譲マンション

リヴシティ両国四番館
リヴシティ両国四番館

成熟した「両国」の街並に違和感なく調和する7階建て。
南北2面が建物の顔といえる、都会的でスタイリッシュな外観。
落ち着きのある「両国」の住宅地の一角に誕生する「リヴシティ両国四番館」。南北を道路に接する恵まれた敷地のメリットを活かせるように、建物中央に共用廊下を配置。全戸を道路に面して配し開口させた設計を採用(Dタイプ除く)。採光と開放感に優れた快適な住空間を創造しました。
また、どちらの道路からも、洗練された建物の顔といえる面が見える、絶妙のプランニング。街の景観に都会的な雰囲気を醸し出し、道行く人の共感を誘うと同時に、住む人の心を満たします。



リヴシティ西川口弐番館
リヴシティ西川口弐番館

静謐な時空間を創造するエントランス・プランニング。
住む人の外出と帰宅をやさしく見守り、訪れるお客様を丁寧にお迎えする。そうした役割を追求した「リヴシティ西川口弐番館」のエントランス。
都会的な表情を醸し出すエントランスドアを開けると、そこに続くのは奥行きのあるエントランスホール。
建物内部へと歩みを進めるひととき、それは駅前の賑いから隔絶された、自分だけの時空間へのプロローグ。静けさと落ち着きに包まれて、心のモードはオンからオフへと徐々に切りかわってゆくことでしょう。


リヴシティ清澄白河
リヴシティ清澄白河

ワクワク、イキイキ、都心を手中に暮らす。それが私の下町、ニューライフ・スタイル。
水と緑が豊かに息づく清澄庭園、 ゆったりと流れる隅田川、下町の文化を伝えてくれる 深川江戸資料館。私のお気に入りに囲まれて、 心をワクワクさせながら暮らせる「清澄白河」。隅田川を渡れば、そこはもう都心。 地下鉄に乗って都内のどこへも、ラクラク、スピーディ。ハッピーな気持ちと恵まれた交通アクセスで、 思わず東京中を飛び回りたくなってしまう、そんな街の一角に私の素敵な住まいが誕生します。



リヴシティ向島ツリービュー
リヴシティ向島ツリービュー

江戸時代、武家や庶民の花見の名所であり、近代・現代においては、粋や伝統を重んじながら、独自の文化を発信し続けてきた街。
そして、東京スカイツリーの開業により大きく変貌をとげ、未来へと躍動し始めた街、墨田区向島。
その一角、現代的な感性と豊かな人間性が織り成す、この地ならではの魅力や楽しさを満喫できる住まいとして「リヴシティ向島ツリービュー」は誕生します。



リヴシティ横濱弘明寺
リヴシティ横濱弘明寺

桜を愛で、寺社を巡り、買い物を楽しむ。ゆとりある暮らしの舞台「弘明寺」。
桜の美しい大岡川沿い。市街地の賑わいが丘陵地の緑と融和しはじめる横浜市南区の一角。
国立大学の付属教育機関や私立学園などがあり、公共施設なども徒歩圏に点在する環境のよさと暮らしやすさが魅力です。


その他過去の販売実績はリヴグループ販売物件ページよりご確認ください。