屋内で火災が発生した際に、熱と煙を感知してベルや音声がなる装置を火災警報器と言います。
多くは天井に設置され、警報装置が鳴るのと同時に管理人室や防災センターに通報される仕組みとなっています。
平成18年の6月1日より消防法改正に基づき、一部の適応外を除いては新築の不動産は火災警報器の設置を義務付けられ、既存の住宅においても、市町村条例に則り、平成20年6月1日から平成23年の6月1日までに設置することを義務付けられました。

関連する不動産用語

キーワードは見つかりませんでした。


←リヴトラスト不動産用語集 目次に戻る