環境共生住宅というのは、環境への負荷を抑えるための対策を講じた住宅を指し、省エネルギー性、周辺環境との親和性、居住環境の健康・快適性、省資源廃棄物処理などが認定基準となっています。
そのため、環境共生住宅は環境保全の基準を満たした住まいとなっており、地球温暖化防止計画の一環として国土交通省が推進しています。
環境共生住宅の場合、エコハウスとも呼ばれており、屋上緑化や雨水の再利用、太陽光発電、ゴミの削減などが積極的に行われています。

関連する不動産用語

キーワードは見つかりませんでした。


←リヴトラスト不動産用語集 目次に戻る

リヴトラストの分譲マンション

リヴシティ清澄白河
リヴシティ清澄白河

都心が私にヨリソッテイル。
私の住まいから「清澄白河」駅までは、庭園の横を歩いて5分ほど。
朝日にキラキラと輝く緑の葉っぱに「おはよう!」と挨拶をして駅へ向かうのが私の日課。
駅から都心のオフィスの最寄駅までは乗り換えなし、しかも載っているのは10分足らず。
朝もゆっくり身だしなみを整えられるし、通勤ラッシュもありません。


リヴシティ両国壱番館
リヴシティ両国壱番館

東京スカイツリーを間近に望む、生活機能の整った街。
心の触れ合いを大切にする気質が残り、下町の人間味とぬくもりを感じることができる「両国」。
江戸時代より庶民が住み慣れてきた歴史と、先進の都市機能が調和し、利便性の高い生活舞台となっています。暮らしへの新しい価値観と明日への期待が息づく街です。


リヴシティ御茶ノ水
リヴシティ御茶ノ水

都心ライフをより上質に深化させる住まい。
江戸城の城下町として武家屋敷が建ち並び、格式ある街並が広がっていた猿楽町界隈。
いまでも落ち着きある空気が漂い、現代的な気品と静謐が息づいています。
都心ライフをさりげなく誇ることができるこの地に「リヴシティ御茶ノ水」は誕生します。


その他過去の販売実績はリヴグループ販売物件ページよりご確認ください。