自走式駐車場というのは、自動車を自分で運転しながら駐車スペースまで移動することができるタイプの駐車場です。
自走式駐車場の場合、1階の敷地のみに駐車スペースが存在するタイプ以外に、複数階に渡って駐車スペースが存在するタイプもあります。
なお、機械式の駐車設備を使用するタイプと比較して車の出し入れに手間が掛からないというメリットがあり、マンションにおいては外出時や帰宅時における車の出し入れの時間短縮を図ることができます。

関連する不動産用語

キーワードは見つかりませんでした。


←リヴトラスト不動産用語集 目次に戻る

リヴトラストの分譲マンション

リヴシティ両国四番館
リヴシティ両国四番館

都心へスピーディアクセスを実現。「東京」へわずか7分。
「東京」「大手町」「日本橋」「銀座」などの都心へ、極めてスピーディにアクセス可能。
さらに、メインとなるJR総武線や、交差する地下鉄をフル活用して、都内のあらゆる場所へ自由自在です。



リヴシティ西川口弐番館
リヴシティ西川口弐番館

駅周辺に新たな魅力を創出する「西川口駅周辺地区の街づくり計画」が進行中。
「西川口」駅周辺地区は、昭和34年の区画整理から30年が経過し、駅舎・駅前広場の混雑や緑地の不足などの課題が現れています。このため、現在、「“アートな生活”を楽しむまち、西川口」を街づくりビジョンとして、新しい年環境整備が進められています。西口においては、「多彩な担い手が集い・住まう賑わい空間の形成」を目標に、食文化・芸術的パフォーマンス・緑豊かな空間や散策路などを今後の基本イメージのポイントとして、街の整備が進められてゆく予定です。


リヴシティ新御徒町
リヴシティ新御徒町

「東京」らしさ”に、心をゆだねて暮らす。
よき東京の面影を今も残す下町情緒あふれる街並。
そして、近未来を予感させるハイポテンシャルな都市景観。
伝統と洗練、懐古と先進、安らぎと利便。
異質な価値観が融合し共鳴しあいながら、「東京」らしい文化を育み続ける「新御徒町」エリア。
この自由で奥行きのある街に「リヴシティ新御徒町」は誕生します。



リヴシティ両国壱番館
リヴシティ両国壱番館

時代と立地に応えるスタイリッシュな外観。大規模都市再開発により新しい街づくりが進む“東京イーストエリア”。その要ともいえるエリアに建つマンションとしてふさわしいように……。都会的センスを息づかせたシャープでシンプルな外観デザインを採用。変わりゆく下町の街並を予感させる建築です。



リヴシティ森下パークサイド
リヴシティ森下パークサイド

水が流れ、風が流れ、時が流れる。そんな街で颯爽と生きてゆきたい。
“今”という時代に対応しながらも、よき時代の文化や伝統を受け継ぎ、そこに暮らす喜びや楽しさを提供している場所があります。
ここ「森下」もそうした街のひとつ。歴史に育まれた深みのある下町の風情、川や公園の多い潤いあふれる環境。まるで時の流れや水の流れが人々の心に活力を与えているような、ホットでイキイキとしたライフステージに、「リヴシティ森下パークサイド」は誕生します。


その他過去の販売実績はリヴグループ販売物件ページよりご確認ください。