不動産のような高額な資産は現金を貯めて買うのは至難です。
一方で銀行ローンを利用して購入した場合、借入れの返済は必要になりますが、自分の持ちものなので家賃を支払う必要はなくなります。
不動産を担保にした銀行ローンでは無担保よりも高額を、低金利で調達することができます。
また、床面積50平米以上など、一定の要件を満たした住宅ローンは住宅ローン控除で税制優遇を受けることも可能です。
住宅ローン控除の対象となるローンは、償還期間10年以上なので、借入の際には注意しましょう。

※住宅ローン控除とは、正式には「住宅借入金等特別控除」といいます。不動産の購入で住宅ローンを利用して購入すると、所得税からある程度控除できるようになります。住宅ローンの残高の一定割合と決まっていますが、控除を受けることで購入者の負担を減らしてくれます。
平成11年~平成18年までに税源移譲(特定の税金の徴税権を国から地方公共団体に移すこと)があった関係で、その間に入居された人には住民税での住宅ローン控除の調整をすることが出来るようになっています。
実際の住宅ローン控除対象となる金額はその年によって変わりますが、その限度額が5,000万円の場合、また、控除率が1%の場合には、50万円が控除される金額となります。

関連する不動産用語

キーワードは見つかりませんでした。


←リヴトラスト不動産用語集 目次に戻る

リヴトラストの分譲マンション

リヴシティ両国四番館
リヴシティ両国四番館

かつて伝統文化が生まれた時の熱気や活気。その臨場感を今も伝え続け、先端の時代の流れと見事に融合させ続けている「両国」。
他のどこにもない深みのある“味”が感じられ、“誇り”を持って都市生活を送ることができる街といえるでしょう。
この「両国」という特別な街の一角。国技館・江戸東京博物館・旧安田庭園・横網町公園など、現代建築と豊かな緑が整然とした街並をつくる北口エリア。
副都心「錦糸町」にも近い地を得て、「リヴシティ両国四番館」は誕生します。



リヴシティ西川口弐番館
リヴシティ西川口弐番館

街の中のショッピングモール、心地よい汗が流せるスポーツ施設、ヒーリングを味わえる緑豊かな大きな公園。
「西川口」には、何気なく暮らしてゆく日常の中で「あったらいいな」と思えるものが、街中にあふれています。
それでいながら、都心へはJR京浜東北線一本で、スムーズに、スピーディに、ダイレクトアクセスが可能です。
ラクラク通勤できるだけでなく、お隣の「川口」や都内のオシャレな街でのショッピングにも、気軽に出かけることができます。
何をやっても自由で楽しい、新しい暮らしを始めるにはピッタリの、彩りにあふれた街、それが「西川口」です。


リヴシティ両国参番館
リヴシティ両国参番館

伝統文化もかつては前衛だった時がある。自由で、しなやかな発想のもとに生まれ、受け継がれ続けることで伝統となった。
この伝統文化と、現代都市文化を見事に融合させている「両国」。
この街は、伝統文化が生まれたばかりの頃のイキイキとした躍動感を今も感じさせてくれる。両国国技館や江戸東京博物館などが、その魅力を象徴し雄弁に物語る北口の一角。街の懐の深さを味わいながら、ダイナミックな先進都市生活を堪能することができる地に、「リヴシティ両国参番館」は誕生します。



リヴシティ川崎
リヴシティ川崎

エネルギーにあふれた街からたくさんの刺激とアクティブな行動力、そしてポジティブなインスピレーションをもらうこと。
それができればサクセスという明日が待っている。
だから私は全力でONを生きてゆきたい。この街、この住まいを拠点にして。
自分らしさにこだわり、自分らしく歩んでゆく。
そのためにゆとりを大切にしながら自分の好きなことを思い切り楽しんでゆきたい。
レジャーも、ショッピングも、ヒーリングも、私にとって無くてはならないもの。OFFがあるから私は明日を見失わないでいられる。



外観
リヴシティ平和島

変わり続ける時の流れの中で、違和感なく、生きてゆくために。私はどこまでもシンプルでいたい。自分らしさを大切にする、その気持ちだけを大切にして生きてゆきたい。
そのために、住む街や住まいを選びたい。決して華やかではないけれども、普遍的な魅力を持った街、普遍の美しさを持つ住まい。
そんな私の思いに呼応してくれたのが、この「リヴシティ平和島」。
本当の自由な人生がここから始まろうとしています。


その他過去の販売実績はリヴグループ販売物件ページよりご確認ください。