間口とは、敷地や建築物を正面から見た時の幅のことを言い、一般的には建築物の敷地と接している部分の道路の長さを測定する。
マンションの場合はリビング・バルコニー等大きな開口部のある側の長さを指し、スパン・フロンテージという呼称もあります。
1間=約1.8mで、慣習的には3間間口(約5.4m)、3間半間口(6.3m)という使い方をしますが、おおよそ広いと使い勝手が良く、マンションにおいては開放感のある間取りとなり、通風・採光に優れるとい利点があります。

関連する不動産用語

キーワードは見つかりませんでした。


←リヴトラスト不動産用語集 目次に戻る

リヴトラストの分譲マンション

リヴシティ西川口弐番館
リヴシティ西川口弐番館

ホテルのような豪華な雰囲気を演出する中廊下設計。
エレベーターを建物の中央に設置して、住まいと住まいの間に中廊下を設けるフロアプランを採用。
共用廊下が風雨に晒されることがないため、いつまでも美しさを保つことができるだけでなく、不審者の侵入防止に効果的で、高いセキュリティ効果を発揮します。
中廊下の周囲に住まいを配置し全戸角住戸とすることにより、住む人のプライバシーを守りやすいプランニングを実現。どの住戸もバルコニーに面した開口部から、たっぷりと光と風を取り入れることができ、明るく健康的な都市生活を実現します。


リヴシティ東池袋
リヴシティ東池袋

ビッグターミナル「池袋」が利用駅。
JR線や私鉄、地下鉄など全8路線が乗り入れるビッグターミナル「池袋」。
多彩なルートで都心部へ向かうことができるため、乗り換えることなく目的地へダイレクトアクセスが可能。
通勤・通学はもとよりショッピングやレジャーにも大きなメリットをもたらしてくれます。
また東京メトロ副都心線・西武池袋線・東武東上線・東急東横線・みなとみらい線などを、相互直通乗り入れ運転で結んだ首都圏広域鉄道ネットワークを利用すれば、「自由が丘」「横浜」「元町・中華街」など人気の街にもスムーズにアクセスできます。


リヴシティ御茶ノ水
リヴシティ御茶ノ水

都市居住を誇り、暮らしを愉しむ。
都心3区のひとつ千代田区の一角、猿楽町。そこは東京中枢を拠点とする利便性を満喫しながら、格式ある誇りを身に纏い暮らしてゆける場所。自分を輝かせる時間と空間が、まさに息づいています。


その他過去の販売実績はリヴグループ販売物件ページよりご確認ください。